Microsoft Build 2022 で気になった発表・更新内容

はじめに

確認した更新情報のソースは以下

Microsoft Build 2022 Book of News

どうでもいいけど日本語翻訳のページ(以下)が最初はあったようだが、今はなくなっているようだ。
https://news.microsoft.com/build-2022-book-of-news/ja/

そのため、Google キャッシュや日本語ニュースサイトでリンク切れが起きていた。少なくとも現時点(2022/5/29 22:00)では。

ということで本題はここから

なお、まだ実際に手を動かして確認したわけではなく、単にドキュメントを読んで理解した限りでの認識を書いているため、実際の挙動と異なる可能性があるのはご容赦願いたい。

気になった発表・更新内容

パートナーシップ

Meta, which has selected Azure as a strategic cloud provider to help accelerate AI research and experimentation for developers

Meta が Azure を使って AI 学習の技術革新に貢献してくれることが期待される。
MicrosoftAWS, Google Cloud と比べてこういうパートナーシップを一番うまくやっている(実際のところはよくわからんが)気がするので、今後の発展に期待できる。

Azure Container Apps の GA(一般提供)

techcommunity.microsoft.com

App Service のユースケースにはまらないケースで、じゃあ Azure Kubernetes Service を使うのかというと Too Fat 。
ちょうどいい落としどころとして期待できる。
GA したので使っていきたい。

Azure Kubernetes Service

techcommunity.microsoft.com

盛り沢山だった。

Web application routing add-on (preview)

Web Application Routing add-on on Azure Kubernetes Service (AKS) (Preview) - Azure Kubernetes Service | Microsoft Docs

まずはアドイン。 AKS を使って Web サービスを構成しようとすると、 ingress-nginx や Key Vault を使った Secret 管理がほぼ必須になる。
そのためこれらの管理を含めてまるっとパッケージ適用してくれるアドインがあるというのはよい。
実際これらに依存する業務ドメインのアプリケーションの書き換えが発生しないかというとそんなことはないだろうが、パッケージの選定をしなくて済むことは大きいと思う。
あとはクラスターバージョンとともにアドインのバージョンを更新し続ける運用が必要ということになる。(組み込んだわけではないので知らんけど)

An add-in to the Kubernetes-based Event Driven Autoscaler (KEDA)

KEDA | Kubernetes Event-driven Autoscaling

イベント駆動で開発しようとすると Azure Function を選んでしまうのだが、 AKS を使っている場合の選択肢として有用そう。
あとは使い勝手を知りたい。

Managed NAT Gateway

Managed NAT Gateway - Azure Kubernetes Service | Microsoft Docs

NAT のトラブルは Azure を使っていてよくぶつかる問題。
その回避策がインフラ側で提供されていることは安心感がある。
アプリケーションを改修すべき状況であってもすぐに対応できないことは往々にしてある。

Draft integrated experience (preview)

Azure Kubernetes Service (AKS) 用 Dapr 拡張機能 (プレビュー) - Azure Kubernetes Service | Microsoft Docs

Yaml マニフェストGitHub Action のワークフローファイルを簡単生成。
これを見ると開発者が簡単に AKS を始められる準備が整備されていて、よいことだとは思うが、その後のクラスターはもちろんマニフェストファイルの運用どうするんだという問題の比重が大きくなっていっていることに不安を覚える。
どこまでカバーされるんだろう。

あとマイクロサービスにおける Yaml マニフェストの管理方法をみんなどうやっているのかが気になった。
k8s について十分に習熟したチームならマイクロサービスのリポジトリ上でそのアプリケーションの Yaml マニフェストを管理し、基盤部分のみ別のリポジトリで管理すればいいと思う。
実際経験しているのはこうではなく、インフラ基盤の管理チームが k8s をリードしてそのチーム管理のリポジトリですべての Yaml マニフェストを管理している。このあたりのバランスがどこかで変わっていく必要があるのかな、ということを感じた。

Custom node configuration is now generally available

Customize the node configuration for Azure Kubernetes Service (AKS) node pools - Azure Kubernetes Service | Microsoft Docs

インフラエンジニアが喜びそう。
わからんのでお任せしよう。

App Service

techcommunity.microsoft.com

App Service も更新はそこそこあるが個人的に気になったのは1点のみ。

Secure Networking for Every Application

The screenshot below shows both private endpoints (securing inbound network traffic) and regional virtual network integration (securing outbound network traffic) being set up as part of creating a new web application:

Inbound も Private Endpoint に対応。
もう App Service Environment を使う理由はなんかしらのポリシーを満たすため以外にはなさそう。

SQL Database

techcommunity.microsoft.com

CI/CD パイプラインのサポート

With CI/CD pipeline support via GitHub Actions integration, you can build, test and deploy your apps quickly and efficiently.

いまいち読み取れなかった。

Planning new scenarios and use cases for Azure SQL Database local development experience! - Azure SQL Database Devs’ Corner

上記ドキュメントの通り読み取ると、ローカル開発のための環境整備していて、 CI/CD パイプラインは今後検討するよ、ってことでいいのかな。
DB 開発の CI/CD はちょうど気になっている分野なので今後に期待したい。

SQL Database Emulator

Introducing the Azure SQL Database emulator - Azure SQL Database | Microsoft Docs

つい最近 Mac M1 を使っている同僚が「MS SQL が動かないので困っている」と言ってたが、どうやらこの sql-edge の Docker イメージは動くらしいので後で教えてあげよう。
イメージは これ かな

Microsoft Dev Box

techcommunity.microsoft.com

率直に誰が管理するんだろう。
コンプライアンスやセキュリティの観点だと IT 部門だが、イメージそのものは開発チームじゃないと管理できなそう。
開発チームがこれを管理するのが割に合うんだろうか。

Developer Community

techcommunity.microsoft.com

資格は多様化が進んでいる印象。
また、その学習コンテンツも無料で揃ってきている。
全然追ってなかったけど(英語ができれば)専門家に QA する機会が不定期に用意されているっぽいイベントも見かけるので、利用できる状態でありたい。

Teams

www.microsoft.com

Figma 流行ってるのか。全然知らなかった。 draw.io 使ってた。

Power Platform

Microsoft Power Pages

powerpages.microsoft.com

どういうロールの人が使うんだろう。
事例を見る限り非エンジニアってことなのかな。

Windows

WSL が Microsoft Store で利用可能

devblogs.microsoft.com

Microsoft Store からなら管理者権限なしでインストールできるので、ガバナンスが効いている環境で嬉しそう。

終わりに

一通り読んだ。
あとはもう少し試すなどしていきたい。 特に以下。

  • AKS 周り全般
  • Azure Container Apps

8年前に公開した Web サービスを停止した

タイトルの通り。

下の記事で触れているサービスを終了した。

kheiakiyama.hateblo.jp

直近ではインフラ業を生業にしていることもあって、趣味で作るものは金銭的コストがあまりかからないこと(月1000円未満)を目安にしている。

このサービスは Ditigal Ocean の Droplet 1つ $5 / month + お名前.com DNS 1,628円 / year がかかっていたので、断捨離。
(こうしてコストを見てみるともっと早く削除すべきだった)

www.digitalocean.com

はてなブログで初めてバズるという体験をしたこともあり、公開直後はちょっと見てくれる人がいたが、 今となっては直近1か月のアクセスは0だったので心置きなくサーバーを削除した。

ふと見たら Digital Ocean で Managed k8s が $10 / month なんてのが出てたりで進化してるんだな。
パブリッククラウド(主に Microsoft Azure)を追ってるだけで精一杯だ。 機会があれば趣味で使ってみたい。

自分は運がいい

と思うことがよくある。

例えば今年、PCのビデオカードを購入したが

kheiakiyama.hateblo.jp

今はビデオカードが手に入りづらくなっていて、1万円程値上がりしている。 あのときに買えてよかった。

他にも7,8年前、オシゴトで周囲にスキルセットを持った人がいなかったことで自分が DevOps 寄りの業務を担うことになり、現在の自分にとって有用な技術を身につけるきっかけになった。

オリンピックのチケット当選した(有観客開催されなかったけど)

こういう出来事はだいたい「運がいい」という感想に帰結する。

「運を掴み取る人は努力を積み重ねた上で機会を逃さなかった人」なんて話をたまに見かけるけど、そんなに大そうな努力なんて別に必要ない。

ちょっとした行動を起こすだけで運がいい、と感じられるような出来事がやってくることもある。 それを実感しながら生きてくのは大事だなあ、と思った、そんな年始。
エモい。

2022年もよろしくお願いします。

Microsoft Azure の資格に紐づくアカウントを整理する

先日レジュメサイトを見直したときに、思い立ってアカウントを整理したのでそれについて書く。

レジュメサイトの乗り換えについては以下。 kheiakiyama.hateblo.jp

結論を3行で

  • 資格情報はプライベート利用の個人アカウントにひもづけたほうがいい
  • 資格情報が紐づくアカウントの切り替えは、 Q&A に投稿することでサポートメンバーに対応してもらえる
  • Microsoft Learn は Azure 使っていなくても学習に便利

整理前の状況

Microsoft Azure の資格情報は以下の URL で確認できる。

ダッシュボード

この資格情報は個人アカウントに紐づく仕様となっている。

私に紐づいているアカウントは以下のとおり。

  • プライベートメールアドレスの個人アカウント
  • 職場メールアドレスの個人アカウント(Microsoft Azure 資格)
  • 職場メールアドレスの組織アカウント

現在勤めている Colorkrew Inc.Microsoft のパートナーで、資格情報を持つ個人アカウントに職場の組織アカウントに紐づけることで、パートナー要件に反映できる。
資格は "職場メールアドレスの個人アカウント" に紐づいていたので、それをそのまま職場メールアドレスの組織アカウントに紐づけていた。

整理が必要な理由

アカウントの整理をした理由は以下の通り。

  • 資格情報の確認が Microsoft Learn 配下のシステムになっている点
  • 職場が変わった場合に手間が発生する点
  • 職場メールアドレスがそもそも永続的に利用できない点

順に説明する。

資格情報の確認が Microsoft Learn 配下のシステムになっている点

繰り返しになるが、資格情報の確認は以下のサイトで行う。

ダッシュボード

上記ページはコンテンツの拡大が著しい、 Microsoft Learn の配下にあるのがポイントだ。

docs.microsoft.com

私の場合、Microsoft Learn はプライベートのアカウントで学習状況を進めており、これが分散されるのは嬉しくない。(見直したところ、職場メールアドレスでも行っていた・・・)
いまいち達成感はないが、ポイントが加算されてレベルが少しずつ増えてほしいものだ。
(ようやくレベル7 !)

また、資格の有効期限延長が可能になり、これが Microsoft Learn 上でレコメンドされるようになっている。

Microsoft 認定ダッシュボード

12月15日、Microsoftは、学習者が最新の状態を維持できるように 新しいアプローチを導入 しました。6か月以内に有効期限が切れる有効な認定資格をお持ちの方は、Microsoft Learnの更新アセスメントに合格することで、毎年、無料で認定資格を更新することができます。

Microsoft認定資格を更新する | Microsoft Docs

このあたりからも Microsoft Learn で主に利用するアカウントと、資格情報が紐づくアカウントが同じであるほうがスムーズであることがうかがえる。

職場が変わった場合に手間が発生する点

docs.microsoft.com

上記のよくある質問を読むと、

  • パートナー組織に紐づけたユーザが、別のパートナー組織に紐づけできる
  • パートナー組織の全体管理者は、ユーザの紐づけを解除できる

らしいことが読み取れる。
問題は私が "職場メールアドレスの個人アカウント" を利用していたことにある。
もしも職場が変わると、離職に伴いこの個人アカウントは利用できない。
つまり自分でパートナー組織の紐づけを解除したり、切り替えることができないことになる。

離職前の会社の全体管理者に依頼するしか解決手段がないことになるため、セルフコントロールできないのはあまりよろしくない。

職場メールアドレスがそもそも永続的に利用できない点

最後にこれは当然といえば当然だが、離職すれば職場メールアドレスは利用できない。
せっかく取得した資格を喪失するのはもったいないので、プライベートのメールアドレスに紐づけておくのが無難だろう。

どのように資格の紐づけを変更するか

Microsoft Learn 内の Q&A ページに投稿することで、資格を紐づけるアカウントを切り替えできる。
私の投稿は以下のリンクなので参考になれば。

How to change email address on Certificate Profile with my MCID? - Training, Certification, and Program Support

MCID や個人情報のやり取りを行う都合上、パブリックな Q&A ページではなくプライベートメッセージでのやりとりが必要になる。

以前のアカウント

  • プライベートメールアドレスの個人アカウント
  • 職場メールアドレスの個人アカウント(Microsoft Azure 資格)
  • 職場メールアドレスの組織アカウント

現在のアカウント

  • プライベートメールアドレスの個人アカウント(Microsoft Azure 資格)
  • 職場メールアドレスの個人アカウント
  • 職場メールアドレスの組織アカウント

また、同時に Microsoft のパートナー組織への紐づけもプライベートメールアドレスに対して行うように設定をし直した。

おわりに

余談だが Microsoft Learn は Git や GitHub などの Generic なコンテンツも扱っているため、Microsoftクラスタに若干遠い人も利用してみるとよいと思う。

すべて参照 - Learn | Microsoft Docs

レジュメの Static site を Jekyll(Azure CDN) から Hugo(Static Web Apps) に乗り換えた話

タイトルで8割書いてるので、あとは補足だけ書く。

サイトはこちら。

cv.kheiakiyama.com

背景

理由1: ビルド遅い問題

GitHub Actions を使ってビルドしているが、ビルドからデプロイまで、約8分前後の時間がかかっていた。

内容を精査すると、主に Jekyll でビルドするための bundle install に時間が大半を占めていた。
また、 Gemfile が Dependabot に検知される要因になっていて、地味に嫌な感じだった。

移行先を検討していたところ、Hugo は使ったことがあり、 2021年時点でベストな静的サイトジェネレータの一つらしいのでそれにした。

Best static site generators of 2021 | TechRadar

理由2: Static Web Apps 使いたい

Azure Static Web Apps – App Service | Microsoft Azure

単に使いたかった。
静的コンテンツだけなら Azure CDN と大して変わらないが、 PullRequest でレビューできるのは便利。

Azure Static Web Apps における実稼働前環境での pull request の確認 | Microsoft Docs

そのうち Function 機能もちゃんと使ってあげたい。

移行方法

Jekyll から Hugo

頑張って載せ替えるだけ。

Jekyll to Hugo by kheiakiyama · Pull Request #2 · kheiakiyama/kheiakiyama.github.com · GitHub

個人のレジュメサイトなので、移行前に使っていたデザインテーマはあきらめて別のテーマに移行した。

Azure CDN から Static Web App

Static Web App への載せ替えは淡々とやるとして、移行は TXT レコードを使ったダウンタイムなしの移行を試したが動かなかったのであきらめて CNAME を切り替えてしまった。

Set up a custom domain in Azure Static Web Apps | Microsoft Docs

TXT record validation 、現在は Zone Apex しか対応してないのでは?というのが予測。

移行後

約8分かかっていたビルド&デプロイが1分10秒前後で終わるようになった。

速いのは正義。

GeForce RTX 3060 購入した

なぜ購入したか

年末に自作デスクトップパソコンを購入して QOL が高まったのだが、ビデオカードは正直そこまで高性能というほどではなかった。

kheiakiyama.hateblo.jp

Steam で買った PC ゲームをときどきやっていて、今後も踏まえるとグラフィック性能でボトルネックを感じない状況に改善しておきたかった。 また、今年からの BTC 需要の過熱 *1 により、秋葉原に徒歩で行ける環境であってもビデオカードを非常に入手しづらい状況となったため、マイニング効率に制限をかけた*2 RTX 3060 の発売タイミングはちょうどよかった。

購入日(発売日)の様子

ツクモ公式のネットショップで 2/26 6am 頃に購入し、2/27 6am 頃に発送された。

購入した商品は以下。
ZOTAC ゾタック ZTRTX3060TWINEDGEOC-12GBGDR6/ZT-A30600H-10M 《送料無料》|TSUKUMO公式通販サイト

2/26 日中にアキバを散策したところ、さすがに平日ということもあり在庫があった。

ベンチマーク

GeForce GTX 1650 SUPER -> GeForce RTX 3060 への変更なので、ビデオカード依存のベンチマークはかなり結果に変化が出た。
なお、面倒なのでビデオカード依存のものだけしか計測していない。

3DMark TimeSpy 4931 -> 8390

f:id:khei-fuji:20210307230117p:plain
3DMark - TimeSpy

FFXV 5015 -> 8600

f:id:khei-fuji:20210307230121p:plain
FFXV

おわりに

ところで Amazonアフィリエイトリンクで販売元(メーカー)を選択して貼るのってどうしたらいいんだろう。
こういう記事で貼るときに割高に転売するメーカーを助長しないようにいい感じにやりたいものだがわからん。

RTX 3060 の中でも割高で在庫が残っている MSI の VENTUS を貼っておくことでお茶を濁す。(そこまで貼りたいのか)
現時点(3/7 23:13)で¥71,239 となっている。

MSI GeForce RTX 3060 VENTUS 2X 12G OC グラフィックスボード VD7553

MSI GeForce RTX 3060 VENTUS 2X 12G OC グラフィックスボード VD7553

  • 発売日: 2021/02/26
  • メディア: Personal Computers

2020年に買ってよかったもの

お題「#買って良かった2020

作業環境

Microsoft Pro IntelliMouse シャドウ ブラック NGX-00018

Microsoft Pro IntelliMouse シャドウ ブラック NGX-00018

  • 発売日: 2019/08/02
  • メディア: Personal Computers

数年前は Microsoft IntelliMouse Optical を使っていたが、普通に買える後継モデルとしてあったので購入。
無線マウスを使っていた時期もあったが、電子レンジなどとの干渉や反応が悪いタイミングがどうしても小さなストレスだったので有線にした。
快適。

仕事で非常にお世話になった。
余計な音は拾わず、ノイズも少ない。安定感ある音が共有できる。
リモート中心となった今は音質の低いメンバが会議に入っているとストレスを感じるレベルなので、啓蒙活動していきたい。

まだ使い始めたばかりだけど便利。
このへんのくだりは前記事参照。
デスクトップPCを自作購入した - ぐだぐだ言ってないでコードを書けよ、ハゲ。

定期購入系

剝がれたり引っ越したらまず買うやつ。
チラシを捨てるゴミ箱がマンションについてるが、その捨てる行為自体が非生産的なので(メールのスパム設定をあえて外しているようなもの)マストアイテム。

スマホを落としたときの身代わり。
最近はガラスタイプで複数枚セットが売ってるのでそれを買って、ちょっとでも割れたら遠慮なく貼り直すスタイルにしている。
割れ窓が指に引っかかるのは許せない。

カルビー マイグラ 700g×6袋

カルビー マイグラ 700g×6袋

  • 発売日: 2018/03/26
  • メディア: 食品&飲料

長い付き合いのフルグラで、一周したのかシンプルタイプのマイグラに落ち着いた。
やる気がない日の夜ご飯として。
1年後にこの習慣がどうなってるかは不明。

ずっと買っていたナッツがレビューで「虫が入っていた」など見かけるようになり、切り替えた。
風味がよい気がする。

振り返ると異世界転生物が多い。

異世界転生物のはしりのころの作品。
アニメ化するらしいがそれよりもコミックを待ちたい。

これまた異世界転生物。

ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)

異世界転生+料理物。

異世界転生+料理物その2。

おわりに

昨年も言ってたが、Amazon で買い物はしているものの、他でも買うようになってきてる気がする。