読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダブルコードを読みました

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

素晴らしい本だった!!
印象に残ったところを中心にまとめておく。


名前大事。超大事。

大事なことなので二回言いました。


抽象的な名前よりも具体的な名前を使う

下のコードでは誤解が生じる。

引数の単位は何だろう?
秒?ミリ秒?


実装を読めばわかるだろうけど、そうしなくてもいいようにすべきだ。


単位が明らかになった。


どれくらいの抽象度で書くべきかは都度判断するしかない。


誤解されない名前

下のコードでは2通りの解釈が生まれてしまう。

  • 問題があった場合に true が返る
  • 問題がなかった場合に true が返る


これはよくない。
曖昧さを残さない名前をつける必要がある。


これならば解釈の違いは生まれない。


テストコードに状況を書く

こういうテストは書くべきではない。


テストコードはプロダクト自体のコードと比べて雑に扱いがち。
さほど複雑でないメソッドのテストならなおさら。
上のコードのように一つのメソッドに詰め込んでしまうこともある。


でも大抵の場合、複雑さは後々増していく。
後でテストコードを追うのは至難のワザ。 なので初めからテストコードが想定する状況を名前に書くようにするのがベター。


自分以外の誰かがメンテナンスする場合にこの基準に合わせてコードを書いてくれることも期待できる。


最後に

気軽に読める分量で、この本自体がリーダブル。
Kindle 版がないのが唯一の不満。


プログラマーならば必読といっていい。
デブサミの技術書大賞にあがったのもうなずけた。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)