読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプラトゥーンを周回遅れで始めた人が上手い人に追いつくための方法

雑記

はじめに

僕のスペックを晒しておく。
ゲーム歴は PS2 が最後。

先月の Amazon のキャンペーンWiiU とスプラトゥーンを同時購入。今日でちょうど1ヶ月。

ウデマエは B+。
2週間前までは C+ で停滞してたが、そこからじわじわ上がってきたので、そのあたりをまとめる。


上手くなるためにやったこと

ヒーローモードのクリア

いわゆるストーリーモード。
基本的な操作を覚えるために開発者が用意してくれたものなのだから、やっておくに越したことはない、という思考でやった。
ブキも増えるし。


プレイ動画を見て真似る

ここが一番キモだと思う。
我流で上手くなるよりも、上手い人の真似をしたほうが上手くなる速度が早い。
僕は時間が豊富にある学生やフリーターではないので、最短距離を行きたい。


ニコ動のランキング上位の動画をチェックして、それからプレイする。
上手いプレイを見ると単純に面白いし、動きを見てると自分もできそうな気になってくる。
もちろんそんなに簡単ではないが、ちょっとずつ近づいている感覚はある。


動画は自分がよく使うブキに限らず、いろんなブキの動画を見ることにしている。
自分が使わないブキでは、「どういうプレイが嫌がられるか」がわかる。

過去に見てきた動画はこんな具合。


いろんなブキを使う

一通りのブキは使ってみることをオススメする。
もちろん得意なブキはあるとは思う。
自分の場合はシューターが得意でわかばシューター一択。


動画のところにも書いたけど、いろんなブキを使わないと「イヤな動き」がわからない。
スプラトゥーンでは、初心者の最初の壁を乗り越えるには「死なずに生き続けること」が大事なので、生存確率を高める動きを身につけたい。
そのためにもどういう動きをされたときに自分がやられるかがわかってくると、同じブキを相手にしたときに役に立つ。


おわりに

ということで、勉強やブログ更新をさぼっていた原因の7割を占めるスプラトゥーンについての記事を始めて書いた。
それではゲームに戻ろう。


そんなん言っているうちに A- に上がった。


Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン)