読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Softbank から iPhone6 SIMフリー版で IIJmio にMNPしたときの試算

前回の記事に引き続き、iPhone6 の話題。
今回はSIMフリー版を選ぶいくつかの理由のうち、お金の話を取り上げる。


前提条件

SoftbankiPhone5 を買って2年。
毎月のデータ通信量は2〜3GB。


iPhone で動画はほぼ見ない。
見るとしても Wifi 環境のときのみ。


試算

Softbank で継続した場合

毎月8,500〜9,800円程度。
(乗り換え前は8,000円。サイトに載っているスマホBB割は適用される人それほどいるんだろうか?)
2年で204,000〜235,200円になる計算。


IIJmio に乗り換えた場合

一時金として91,000円。
内訳は86,000円(iPhone6 64GB)+ 2,000円(MNP事務手数料)+3,000円(みおフォン初期費用)

毎月3,000円程度。
4GB プランの場合は2,220円だが、電話料金分を盛っている)
2年で72,000円になる計算。


まとめ

損益分岐点は、おおよそ1年4ヶ月
(8,500 ☓ N = 91,000 + 3,000 ☓ N)
1年4ヶ月使うユーザなら、SIMフリー版を利用したほうがオトクになる計算。
仮に契約更新月を逃していたとしても、2ヶ月でペイできる。


iPhone5iPhone5sを参考にリセール(下取り)市場まで考慮すると、
下のように大体15,000円ほどSIMフリー版が有利になる模様。(aucfan調べ)


SIMカードを購入する際は、コチラで「SIMカードサイズ」を確認してから。