読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VisualStudio で Premium を使わないコードレビューの方法

結論:アナログ


一応補足を書いておく。


はじめに

最近各所で見かける、GitHub の pullrequest を利用したチーム開発
これに憧れて、ツールを利用してコードレビューを取り入れたいと考えた。


code review

photo credit: Sebastian Bergmann via photopin cc


しかし自身の開発環境は VisualStudio。
VisualStudio でコードレビュー機能を使うには、TeamFoundationServer の利用と Premium 以上のライセンスが必要だ。


MSDNの価格 - SourceForge.JP より

Visual Studio Ultimate 2013 with MSDN 1,722,000円
Visual Studio Premium 2013 with MSDN 787,500円
Visual Studio Professional 2013 with MSDN 173,250円


残酷なくらい高すぎる。


TeamFoundation は、クラウド版の VisualStudioOnline がある。
5人までは無料でそれ以上は 1人$20/month 。
これくらいなら許容範囲。


ボツのアイデア

こんな流れでのレビューを想定。

  1. コードをチェックイン
  2. チェックインしたことがメンバーに通知される
  3. レビュアーがコメントつける
  4. コミッターにフィードバックが通知される


辛いところは、通知の手段。
現時点では MS アカウントへのメールしかない。

VisualStudioOnline Alert


プライベートでは Gmail なので GoogleAppsScript を使えばどうにかできる。
(今回調べて初めて知った。すげー便利。)


でも仕事では会社のメルアドを使っている。
個人的なハックのために会社のメールサーバに手を加えるというのは厳しい。
となると次に思い浮かぶのは、

  • 通知用の Gmail アカウントを別で用意する
  • 定期的にメールを取得するスクリプトを作る

こんなところ。


Gmail 案は、アカウント数に課金する VisualStudioOnline とマッチしないのでやめる。
(金額的には大きくないが、本来の目的から外れているような気がしてしょうがない)


スクリプト案は、メールサーバのことを考えないといけない気がするので、
自分の力だけでは進められそうもない。


ということで行き詰まった。


まとめ

新しいことを始めるには小さいほうがいい。
チェックイン前にアナログにコードレビューするのがベター。
(リモート勤務がないとして)


analog review

photo credit: InternationalHouseManchester via photopin cc


それにしても、VisualStudio の Premium や Ultimate 使ってる会社はあるんだろうか。


リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)